• 八木呉服店 blog

ブログ

2019.12.27

2020年度振袖・レンタル振袖前撮影り写真撮影会②



「2019年12月22日 千里阪急ホテル写真室前にて撮影・ご姉妹一緒に撮影会に参加されました。」

本年度は大型台風等によるたび重なる天候不良による日程変更に伴い12月冬休み期間中に撮影会をいたしました。
前記載の9月30日付け当社ブログ①に掲載以降に掲載をご了承いただきました写真と、今回12月に撮影をいたしました写真掲載の了承をいただきました写真の一部を紹介させていただきます。

お客様のプライバシー保護のためにお名前・住所の掲載は控えさせていただきます。

成人式の日には、吹田市・大阪市・豊中市・箕面市・茨木市・摂津市・伊丹市・宝塚市・西宮市・尼崎市・川西市・豊能町・猪名川町の各市町村成人式にご出席と承っております。




「2019年10月  宝塚ホテル・宝塚歌劇コーナー前にて撮影」

白地の綸子地をバックに燐瓦色の四季の花を全体に散りばめた格調ある逸品。
さりげない配色にもかかわらず、花の一輪一輪が手描きならではの深味ある色調で描かれ、より華やかな振袖になりました。
黒地に金を施した帯で引き締まった装いに。
帯揚げ・帯メ・重ね衿は赤をメインに、衿元は刺しゅう衿で豪華さを演出。
草履・バックはいずれも振袖と袋帯の格にあわせ上質な絹で織った佐賀錦でコーデイネイトしました。




「千里阪急ホテル 東館にて撮影」

本格派の古典友禅を、赤・白・黒の3色を基調に染め分け、金彩、刺繍、金駒、疋田絞りなどの加工をくまなく施し、豪華さを極めた京友禅振袖です。
やさしい上品な雰囲気の中に貴女らしい個性が光ることでしょう。




「千里阪急ホテル クリスタルホール前にて撮影」

朱色の綸子地面に雲取り文様と御所車を配し、橘・菊・紅葉・宝尽くしの柄を散りばめた上品で華やかな本振袖です。
手描き友禅・金箔・金泥・金駒刺繍・小紋箔などの精緻な技術を駆使したこの本振袖は数ある振袖の中でも最も格調高く、結婚式のお色直しにもお召しいただける逸品です。





「2019年12月16日 千里阪急ホテル2階渡り廊下にて」

大きく肩で雲取り、裾にかけて幔幕を巧みな配地に置き、濃いグリーン地に菊・霧・菖蒲などの四季の花柄を配し、桃山調に染め上げた本友禅の振袖です。
随所に置かれた金箔が20才の装いに相応しい華やかさと雅びやかさが違和感なく共存する逸品です。





「伊丹シテイホテル 2階着付け会場前にて」

この振袖の類ない華やかさはどの様なお席に臨まれても、貴女をひときわ輝かせてくれるでしょう。
富貴を象徴する牡丹を主体に、四季の花々が光沢ある純白縮緬地をバックに咲き誇り見る人の目を奪います。
成人式には濃い色目の振袖がどうしても多くなります。
そのような中でこの振袖はシンプルな色使いと斬新なデザインが相まってひときわ鮮烈な印象を与えます。





「2019年度12月22日 千里阪急ホテルに於いて撮影」

浅黄色の綸子地に手描き友禅で四季の花を配した本格的な振袖です。
所々に芥子・オレンジを染め分け、裾を黒墨で暈すことにより、オーソドックスな古典柄とは一味違った趣を感じさせてくれる振袖です。
帯は黒地に手刺しゅうを施した格調ある佐賀錦袋帯をあわせ、帯揚げ・帯メ・伊達衿は全て赤で揃えました。





「2019年8月15日 千里阪急ホテル2階 にて撮影」 

息をのむ華やかさ、艶紅色に花々が流星のように舞う本格友禅振袖。
しっとりとした茜色の地に濃茶と白でメリハリをつけた、若々しさの中に気品が漂う配色です。
絞りと刺しゅうで表現された花と流水が立体的に浮かび上がり、落ち着いた雰囲気と可愛らしさが同居した,「大人の赤」が大人の貴女にピッタリです。





「千里阪急ホテル 写真撮影会場前」

濃い紫と紺地をバックにモダンな色彩のバラの花をシャープな印象で表現した振袖です。
金彩加工と友禅染を併用し、敢えて片身袖に無地の部分を残すことで、全体の豪華さが引き立っています、
個性ある色調と柄行がひときわ目を引く振袖です。





重目の縮緬地を4度染めによる茜色に染め上げ、縁起の良い柄として古代より喜ばれる〈宝尽くし〉を手描きで描いた格調高い本振袖です。
可愛いだけでなく、お祝いの席で重厚さも欲しいとお考えのお嬢様にお薦めの振袖です。





「宝塚ホテル 写真室前にて撮影〉

紅縮緬地に鈴の柄と桜の小花をあしらった振袖です。
江戸時代中期の名品といわれる友禅振袖の構図と色使いを基調にしながら、赤の地色を生かすために、地あき部分を多めに取っています。
裾を芥子色とこげ茶色の2色でボカシ染にすることにより、現代的な感覚を加味した振袖に仕上がっています。





漆黒の紋意匠に金箔・金泥を配して御所解模様を手描友禅で表現したクラシックな振袖です。
古典的な配色でありながら、裾の紅色が黒地と金彩で引き立てられ、振袖の重厚な雰囲気を高めています。














↑このページのトップへ戻る

copyright(c) 八木呉服店 All rights reserved.