• 八木呉服店 blog

ブログ

2020.02.26

令和初の成人式 & 2021年度新作振袖・レンタル振袖発表会



明けましておめでとうございます。
令和2年のお正月を、皆様つつがなくお迎えのこととお慶び申し上げます。
 《宝塚ホテル成人式会場・宝寿の間前ロビーにて撮影》

八木呉服店はきもの専門店として本年で創業以来101年目を迎えます。
記念の年に最初のイベントとなる成人式は 1月13日(祝)におこなわれました。
毎年のことながら、雨や雪などお天気が心配されましたが、曇り空ながらも昼からは薄日もさし、夕方遅くまで振袖をお召しのお嬢様も多数いらっしゃいました。
長時間の着用で着くずれが気がかりでしたが、「一日着くずれしなかった」。「きつくなくて楽だった」。
「楽しかった、また着物が着たい」。「この振袖にしてよかった」。などたくさんのお喜びの声をいただきました。
私共スタッフ一堂大変うれしく思いました。



『 宝塚ホテルで振袖着付けの後は式典会場へ!!GO・・・』

当社のサービスの一貫としての『成人式当日着付け無料サービス』は今年で41回目を迎えました。
上写真の千里阪急ホテル内会場など 6ケ所で122名様の振袖着付けを承りました。

〈千里阪急ホテル〉は 吹田市・豊中市・茨木市・箕面市・摂津市・大阪市・豊能町の方に

〈宝塚ホテル〉  は、宝塚市・西宮市・芦屋市の方に

〈伊丹シテイホテル〉は伊丹市・川西市・尼崎市の方に

〈ホテルアイボリー豊中〉は豊中市・大阪市の方に

〈当社振袖館・美容室JOY〉は池田市・箕面市・川西市・猪名川町・能勢町の方に便利な着付け会場です。

現在お住まいの市町の成人式会場以外への出席をご希望の場合はお申し出ください。
着付け会場はお選びいただけます。

 (例えば、現在の住居地に関係なく 出席希望の市の成人式会場に便利な着付け会場で着付けを承ります。)


宝塚市の成人式は宝塚ホテルで開催されます。
宝塚ホテルが今年5月中旬に 現在の南口駅前から、宝塚歌劇場北隣りに新築移転することになりました。
その為でしょうか、今回が当ホテルでの最後の祝宴ということで例年にもまして沢山の来場のお嬢様・ご家族でホテルの内・外ともに大盛況でした。



「宝塚ホテル 1階通にて撮影)
毎年のことですが呉服店にとりましては、1月から3月末までの期間は最も忙しい季節です。
年初の大きなイベントである成人式に、お嬢様の振袖着付けの準備と後始末が終わって、ホッ とする間もなく、1月26日(日)には千里阪急ホテルで 「八木呉服店きもの新作展」と「新作振袖・レンタル振袖発表会」を開催いたしました。

この後 2月23日(日)には 現在の宝塚ホテルでは最後となる第33回「新作きもの展」・「新作振袖・レンタル振袖展」を開催いたしました。


「宝塚ホテル 1階ロビーにて撮影」

引き続き 28日より3月末日まで連日 卒業式・謝恩会の振袖&小袖きものと袴の着付けを承ります。
卒業式の期間は毎朝5時起床の上、美容院との連絡・きものの着付け。返却・次の日のレンタル振袖と袴の準備・配送・・・等、毎日休む間もなく忙しい日が続きます。


今回も成人式終了後、多数のお客様から『しみ抜き』についてのご質問の電話をいただいております。
そのつどお返事をいたしておりますが、その内容を書面にて纏めさせていただきます。

[もし汚してしまったら]
振袖・きものに何かをこぼしたときは、すぐに弾き落とすか、布に吸い取らせるなどして、広がらない様にします。
このとき大切なのは、絶対にこすらないこと。
こすると汚れが落ちにくくなるばかりか、摩擦によるスレが発生し、さらにダメージを受けてしまいます。
特に、レストランなどでは、とっさに濡れおしぼりで拭きがちですが、これは厳禁。
薬品を含んでいることがあるので、スレに加えて、変色の原因にもなったりします。
外出の際にはそんなときのために、白のガーゼハンカチなどを持っておきましょう。
そして、その場では無理に汚れを取ろうとせず、汚れを拡げないように注意するにとどめます。
汚れの水分をハンカチに移すくらいにします。
そして帰宅後、できるだけ早く呉服店に手入れを依頼ください。

当社のレンタル商品の場合は、何もなさらず、そのままお持ちください。


[すべての絹と袷は家庭では洗えません]
絹製品は美しい光沢となめらかな風合いを持つと同時に、吸湿と放湿、保湿性などが優れた繊維です。
また美しく染まり、鮮やかに染め分けることもできます。
こうした特性は主に、絹がタンパク質からできており、水との親和性が良いことに由来しています。
その為、一方では普通のタンパク質と同様に摩擦(特に湿摩擦)に弱く、比較的に染色堅牢度が低い欠点があります。

[摩擦・水・光に注意ください]
摩擦によるダメージには「 スレ 」があります。
スレは絹が濡れているか、湿っている状態でその表面がこすられた場合に発生します。
こすれた部分は白けて見え、色が落ちたようになります。
これは分繊した絹繊維が光の乱反射を起こすための現象です。
専門業者に補正を依頼する以外に補修方法はありません。
「 スレ 」をふせぐには、濡れた時にこすらないように注意するしかありません。
振袖の汚れを取るために濡れタオルでこするのは絶対になさらないように注意ください。

きものを扱う上では、できるだけ光に当てない、濡らさない、擦らないことが大切です。

それでも、もしかの場合は八木にご連絡ください。







↑このページのトップへ戻る

copyright(c) 八木呉服店 All rights reserved.